初心者ブロガー必見 読まれる「まとめ」記事の書き方

ブログ

まとめ記事とは

まとめ記事とは

今まで書いた記事を1つにまとめたこと

言葉の通りですが

今まで書いた記事

記事1

記事2

記事3

とあれば

その記事を1つの記事にまとめていきます

 

見出し(記事1)

まとめ+個別記事へのリンク(記事1)

見出し(記事2)

まとめ+個別記事へのリンク(記事2)

見出し(記事3)

まとめ+個別記事へのリンク(記事3)

 

のように記事をまとめていきながら

個別のリンクへと誘導する書き方です

まとめ記事を書くメリット

1 まとめ記事を書くことで検索数が多いキーワードが狙える

2 高い集客力が手に入る

それぞれ記事の役割が違う

まとめ記事は先ほどまとめたように

 

見出し(記事1)

まとめ+個別記事へのリンク(記事1)

見出し(記事2)

まとめ+個別記事へのリンク(記事2)

見出し(記事3)

まとめ+個別記事へのリンク(記事3)

 

このようなまとめになります

しかし

このまとめ記事は「収益」には向いていません

では書く必要はないかというとそうではありません

このまとめ記事の役割というのは

先ほどのメリットでもありますが

検索数の多いキーワードを狙えることができ

「集客」という役割を果たしてくれます

 

集客した記事にキラーページとして

個別記事へのリンクを貼ります

そこで「収益」を得るのです

 

まとめ記事がSEOに強い理由

理由

情報の網羅性と専門性が高いとGoogleが判断するため

情報の網羅性が高いと検索上位に表示され

検索上位に表示されると

読者満足度が上がる

という流れになります

 

それぞれ個別の記事であると

ビックワード・ミドルワードは抽象的であるため

まとめ記事を書くことがSEO的に強くなります

 

まとめ記事の正しい書き方

手順

1 個別記事を書く

2 個別記事の内容が入ったまとめ記事を書く

 

手順はたったこれだけです

しかし

記事を書くにしても

キーワードの選定を間違ってしまえば

まとめ記事が成立しません

キーワードの探し方と手順

1 Google検索画面にキーワードを入れる

2 出てきたキーワードで記事を作る

3 個別記事が書けたらまとめ記事を作る

記事を書く時の注意点

1 狙っているキーワードでタイトル&見出しを作る

2 まとめ記事は個別記事を要約したものにする

ライバルサイトのまとめ記事の質を超えるようにする

ライバルサイトをチェックし

ライバルサイトのまとめている記事数が5なら7

ライバルサイトの文字数が3000文字なら5000文字

というように

ライバルサイトよりも量&質で勝つことで

上位表示を狙うことができます

まとめ

まとめ記事はSEOに強い記事になります

しかし

まとめ記事では収益にはつながりません

個別記事で収益につなげ

まとめ記事で集客につなげていきましょう

 

ブログの書き方はまずはこちらから

初心者ブロガー必見 初心者ブロガーが有名ブロガーをマネしてみた
ブログで1円でも収益が出たら 不労所得の芽が出たのと同じ こんにちは ゆいぴです 私は自称主婦でブ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
ゆいぴ ブログ

コメント