初心者ブロガーおススメ 「非常識に生きる」堀江貴文

自己啓発

非常識に生きる

著者 堀江貴文

堀江さんはご存じの通り

自分のしたい仕事をするために

東大を中退しています

行きたくない大学4年間と

やりたいことに挑戦する4年間を

天秤にかけ

やりたいことに挑戦する4年間を

選択しました

常識で考えれば

必死に勉強して

日本で一番と言われている

東京大学に合格したのにも

かかわらず

中退するなんて

非常識ですよね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

非常識に生きる [ 堀江 貴文 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/2/20時点)

楽天で購入

 

 

堀江さんのように

突き抜けている人は

周りから見ると

非常識に映る場面がありますよね

多くの成功者も

そのように見えるのではないでしょうか

みなさんも想像つくとは思いますが

私を含めその他大勢の人は

常識にとらわれ

常識に従って生きています

そして

その常識って

誰がつくったかって

その他大勢の私たちなのです

突き抜けれる人は

世界で少数

それ以外の人がこの世界を占めています

ですので

多数決で決めても

そのた大勢が勝つことは目に見えています

ですので

常識は私たちその他大勢の人間によって

つくられているのです

ざっくり まとめ

〇 お金のために嫌々働くな

〇 まだ正社員を目指してるの

〇 しつこくやれば成功する

〇 アイディアを抱えているより

           行動して酷評を受けろ

お金のために嫌々働くな

常識

「仕事はつらくきついもの」

「家族を養っていくためにはつらい仕事をしないといけない」

この常識疑ったことありますか

なぜこのような常識になったかというと

大昔にさかのぼりますが

人間が穀物を栽培するようになったからだと

本書には書いてあります

穀物を育てるため

定住し

生きていくために

穀物を育てないといけない

穀物の奴隷になってしまったからだと

しかし

現代は

嫌々働かなくても

食っていける時代の中に住んでいます

そんなの信じれないと思うかもしれませんが

安いお金で食料も手に入ります

弁当屋さんのチェーン店や

外食チェーン店

ファストフード店

などなど

500円以下で食事をすることだって可能です

そして

洋服も

ユニクロや

GU

しまむら

などなど

低価格で高品質を提供する

洋服店もあったりします

無料のWifiスポットもあれば

無料で楽しめるアプリもあります

生活も娯楽も

低価格で提供されているのです

 

つまり

生きていくためにそれほど

お金は必要なくなってきたのです

そして

AIやロボットの進化により

人間の仕事を変わってくれます

また

ベーシックインカム等の新しい

社会保障制度が成立すれば

人間は確実に仕事をせずに

遊んで暮らせる未来がやってくるのです

 

なので

今からを生き抜く若い世代の

働く価値観としては

嫌なことをするのが仕事

というよりも

自分が好きなことが仕事になる

という

価値観をもつことが必要になります

まだ正社員を目指してるの

常識

「正社員は安心」

この常識は崩れてきているのは

肌感覚で分かるのではないかと思います

終身雇用制の崩壊

年功序列も崩れています

そして

大手企業の

リストラ

日本では

絶対安心な会社とは1つも存在していません

 

これはなぜかというと

本書では

人は24時間働けませんし

気分のむらがあったり

集中力が長時間続かなかったりします

しかし

AIやロボットは

そんなことありません

24時間年中無休で

常に100%の力で仕事を行います

ですので

有名な会社にいたところで

いつ自分に変わってAIやロボットが代用されるか

分かりません

そういう意味では

正社員も派遣社員も大きな違いはありません

常に危機的な状況にさらされているのです

 

これと同じように

家を買えば安心

生命保険に入っておけば万が一の時助かる

など

常識があると思いますが

これも

疑ってみる必要があります

35年ものローンを組むリスク

住む場所を固定されるリスク

高いかけ金を払って

かけ捨ての生命保険

本当に必要でしょうか

しつこくやれば成功する

成功するために一番必要なのは

しつこさだと本書に書いてあります

ビジネスで成功しない人は

才能とかの前に

しつこさが足りないことがあげられます

仕事がうまくいかない一番の原因は

能力よりも

諦めの早さが問題なのです

常識的な人間は

ある程度の壁がぶち当たると

もうやっぱり無理

自分なんかじゃ無理

と心が折れて諦めてしまいます

しかし

人が成長していく過程で

プラトーと呼ばれる停滞時期が必ず

訪れるのです

もう一度言います

必ず訪れるのです

誰であっても

しかし

ほとんどの人がプラトーの段階になると

やっても意味がないと

投げ出してしまうのです

もう一度言います

ほとんどの人がです

アイディアを抱えているより行動して酷評を受けろ

行動すると

失敗する

失敗すると

人から

けなされたり

馬鹿にされたりする

それでも

行動する

行動しないは0

行動を起こしたは1

その差は大きい

だからこそ

何かを始めようという時

準備を整える前に

好奇心に従って

すぐに動き出すことが大切である

そして

そこから考えればOK

もっと具体的に言うと

動きながら考えるがベスト

 

形にならないアイディアに価値は生まれない

アイディアを実行しなければ

その時間は寝ていたのと同じになる

まとめ

これからは人生激動の時代がやってくるのは

分かっていることです

昭和から平成

そして令和と

時代は変わってきています

価値観が変わらないなんてことはありえません

 

非常識に生きた先に

楽しい仕事が

楽しい人間関係が

楽しい人生が

待っているのだと思います

 

本書には非常識に生きるヒントが

まだまだ書かれているので

気になる方は本書を是非お読みください

考えてほしい 常識の恐ろしさ

私たちの常識

・正社員でいれば安心

・終身雇用制だから大丈夫

・みんなも我慢しているから君も我慢しなさい

などなど

常識に従っていた私たちにとってみれば

当然のことなのです

が・・・・

 

この常識をその通りやっていくと

知らず知らず

同調圧力の中に入り込んでしまい

自分の生きたいように生きれないのは目に見えています

自分の人生を生きたいのであれば

常識を疑って

非常識に生きてみましょう

 

こちらの記事も合わせて読んでみてください

多動力
多動力 多動力 (幻冬舎文庫) 価格:605円(税込、送料無料) (202...
嫌われる勇気
嫌われる勇気 自己啓発の父 アルフレッド・アドラーの心理学をまとめた本です 日本国内200万部以上売れている超ベ...

 

おススメ本も紹介しています

読んでほしい本 5選

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自己啓発
ゆいぴ ブログ

コメント