多動力

自己啓発

多動力

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多動力 (幻冬舎文庫) [ 堀江貴文 ]
価格:605円(税込、送料無料) (2022/2/13時点)

 

著者:堀江貴文(ホリエモン)

ベストセラーになったこの本

多動力

様々なメディアでもご本人から

多動力についての話が

たくさん出ています

動けば結果が変わる時代

あなたは

ノーリスクですか

それとも

リスクを取りますか

多動力とは

多動力とは

自分のやりたいことを次から次に

やってしまう実行力

つまり

マルチタスクを実行する力とも言えます

もっと

かみ砕いというと

三歳児が目の前のことに夢中になることですね

うちの息子も

目の前のことにすぐ飛びついてしまいます

目に入ったものすべてに興味を持って

飛び込んでいきます

10分持てばいい方ですね

すぐに

いろんなことに興味を持ちます

 

本書では

サルのようにハマり

ハトのように飽きろ

と表現されています

 

多動力を持て

一昔前までは

多動

と聞けば

落ち着きがない

感情の起伏が激しい

不安定

などなど

ネガティブなイメージが付きまとっていましたが

これからの時代は

大事な資質となります

 

一方で

今までの日本では

大事にされてきた

一つのことを一生かけて

コツコツとやり続けることの

価値はなくなってきます

 

これは日本の教育が戦後の教育と

ほとんど変わっていないことが

上げられます

教育は

兵士を作り上げるために

みんなで同じ目標を掲げ

教師の言うことを聞くように

洗脳されてきました

そして

その教育を受ければ

軍事工場で従順に働いたり

戦場で上司の命令に従ってくれるのです

そして

日本は終身雇用制という

制度を作り上げてしまいました

 

それが今では

もう崩壊しているのを

皆さんも目の当たりにしていますし

体感的に感じている人もいると思います

 

堀江さんの多動力

堀江さんの多動力もすごいですよね

私たちが学生の時には

野球チームやテレビ局を買収しようとして

逮捕されたりしていましたが・・・

その後は

オンラインサロンの経営

ロケット開発

和牛マフィア

イベント開催

R1グランプリ出場

などなど

どんな分野にも興味を持ち

首を突っ込み

失敗を成功へと導いていますよね

 

まさに

多動力の持ち主ですね

 

私たち一般庶民にも多動力を

インターネットの存在によって

業界の壁がなくなってきています

ネットショッピングを使っている私からすると

近くにはイオンがあるのですが

イオンのライバル店はエレナだったり

マルキョウだったり

西友だったりするわけですが

(地元のお店の名前ですみません・・・)

(長崎の方ならわかると思います)

しかし

インターネットの普及で

イオンのライバルがAmazonや楽天になってしまうのです

今までの考えや枠組みでは

もう戦えなくなってしまうのです

これらのIT企業とコラボできたり

協働できればよいですが

競合することもあり得るわけです

ですので

どのような戦略を立てていくのか

どのような考えが必要か

それが

私たちに必要な資質・能力となるのです

どのような人材が求められるか

このようにインターネットで

業界の壁がなくなった今

求められる人材は

業界の壁を簡単に飛び越え

自分の好きなことを

次から次へとこなしていく実行力を持つ人材

つまり

多動力のある人材こそが

求められているのです

 

本書でも

堀江さんが言いきっています

 

こんな人だったらいいな

例えば

私たち一般庶民として

肩書を増やしていくことが必要だと思います

 

私は自称ブロガーと名乗っています

また

主婦でもあります

釣りも好きなので

週末アングラーなんてもいいですね

それに

メルカリもしたりしているので

物販

あとはこれに

ブログ運営もできれば

エンジニア

なんて

いろんな肩書ができるのかなと

思っています

 

このように

肩書を増やしていくことで

価値ある存在になっていくのです

 

多動力をもつためには

自分の時間を取り戻す

 

この1点に集中して下さい

 

信頼していない

尊敬もしていない

上司や会社の下で仕事をして

振り回されてはいけません

 

心からやってみたいと思うことを

やっていかないと

 

多動力は身に付きません

 

多動力を実践していくためには

想像つくかと思いますが

時間や労力の無駄を

徹底的に排除することが必要になってきます

 

本書では

・おかしなやつとは距離を取る

・自分にしかできない仕事を選ぶ

・積極的に恥をかく

・原液を生み出す人間になる

など

具体的な方法が書かれています

 

特に原液を生み出す人間の側になると

自分の考えやアイディア

ビジネスを

人に時間を使ってもらって

勝手に広めてくれるという

好循環が生み出せるのです

 

まとめ

〇無駄な仕事はやめる

→自分が心からしたい仕事を見つける

〇原液を作り出す側になる

→指示待ち人間になってはいけない

 

他にもおススメ本紹介しています

読んでほしい本 5選

 

ここには注意

メンターの言うことばかり聞いて

いろいろ試していますよ

っていうのは

本当の多動力ではありません

 

本物の多動力には

没頭が含まれます

 

なので

ほんのちょっとかじりました

では

ダメなんです

没頭するということは

片手間にするのではなく

ハマる

ということです

ここに注意しておいてください

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自己啓発
ゆいぴ ブログ

コメント