SEO対策はこれだけやっとこ!!

SEO

SEO対策これだけやっとこ!!

とにかくキーワード選定

これ1択です

正しいキーワード選定を行い

ロングテールキーワードを使って

記事の階層化を目指しましょう

単発記事ではなく

自分のサイトでループできるような仕組みが

必要です

内部リンク等を駆使して

サイト滞在時間を延ばすことを目指してください

 

検索エンジンの仕組みとは

有名な検索エンジンの紹介

Google

Yahoo

Bing

があります

しかし

Googleが半数以上を占めています

順位が決まる仕組み

1 リンク(内部&外部&被リンク)

内部リンク:ブログ内に自分のブログをリンクさせること

外部リンク:自分のブログに他のサイトにリンクさせること

被リンク:別のサイトで自分のブログが紹介されていること

2 コンテンツ(=記事)

良いコンテンツ:読者の悩みを解決させることができるサイト

3 サイト設計(ブログ&特化サイト)

特化サイト:一つのコンテンツに特化しているサイト

Google検索の移り変わり

2012~2016 被リンク黄金時代

2016~2017 量産&長文SEO

2017~2018 E・A・T時代

E・A・Tとは

専門性・権威性・信頼性の頭文字をとったものです

ブランディングされたコンテンツということですね

 

このような移り変わりをしていますが

時代がすべて変わっているわけではありません

被リンクや

量産&長文SEOも生き続けています

特に量産&長文SEOは

企業がコストをかけて

勝負に出ているサイトもあるので

個人ブログが闘ったところで

敗北は目に見えています

SEO対策の基礎編

SEOの基礎と本質

・検索されるワードで適切な情報を発信する

大切なことはキーワードの設定です

キーワードを決定し

読者の悩みを解決するブログを書いていくこと

これが最低限のハードルになります

 

・適切な情報を適切な構成で執筆する

常に読者目線で

ブログの冒頭部分をどのように書くか

これが大切です

まずは

「結論」

そのあとに

自分の体験談や

信頼性のある情報を

提示することが非常に大切です

 

・次に知りたい情報も書いておく

関連する情報をリンクしておくことや

内部リンクで次の記事につなげていく

これができれば

かなり上級レベルになり

サイトの価値がかなりあがってきます

SEOで用いられる用語

・内部対策と外部対策

内部対策:自分のサイトのコードがシンプルになっているのか

外部対策:被リンクで他のサイトで自分のサイトを紹介してもらう

 

・被リンク、内部リンク、外部リンク

先ほど紹介したので見直してみてください

 

・ロングテール、ビックワード

ロングテール:複数キーワード検索

ビックワード:収益やアクセスにつながるキーワード

 

・ASP、CTR、CVR

ASP:アフィリエイトASP

CTR:クリックスルーレイト(クリック率)

自分のブログに貼ってある

内部リンクや外部リンクがクリックされたかどうか

CVR:コンバージョンレイト(成約率)

リンク先の申し込みに申し込みがなされたかどうか

 

・サチコ、GRC、アフィカス

サチコ:Googleサーチコンソールの略

SEOするのであれば必須ツールになっています

 

GRC:グーグルの検索キーワードの順位をはかれるツール

 

アフィカス:アフィリエイターをディスっている言葉

 

内部対策

SEO対策の中では

重要性は徐々に下がってきています

新しいWordPressのテーマであれば

ほぼ問題はありません

ページの重さは注意が必要です

重さには画像のデータ量が関係しているので

圧縮するなどして

データ量を減らしておきましょう

外部対策

これも重要性は徐々に下がってきています

基本的には

信憑性と読者の役に立っているか

これに限ります

ソーシャルの重要性が高まりつつあります

被リンク

これについては効果は抜群です

しかし

利用には注意です

多数のリンクがつくよりも

きちんと運営されていて

読者からの信頼性が厚い

サイトからの被リンクがくると

ばっちりです

 

被リンクを獲得するポイントは

最新の情報を記事にすることだと思います

内部リンク

内部リンクの本数はあまり関係ないようです

読者が知りたいときに適切なリンクがあるかどうかです

内部リンクを貼ったとしても

クリックされなければ

意味がありません

 

リンクの色は青が分かりやすいようです

外部リンク

外部リンクの本数はあまり関係ないようです

しかし

あまり多くならないようにしましょう

読者が自分のサイトから離れないように

外部リンクは少なめに

そして

内部リンクを貼ることで

自分のサイトにとどまる工夫をすることが

大切かもしれませんね

 

外部リンクも

クリックされなければ意味ありません

なので

クリックされなければ

貼る必要もありません

厳選しましょう

実践してみましょう

サイト設計のコツ

・初心者であればニッチを狙いましょう

階層的にまとめることが大切です

1カテゴリに対して階層化しましょう

・ツールを使いながらオリジナルを目指しましょう

ツールはrelatedkeyword.com

を使うと

キーワードがたくさん出てくるので

そのキーワードを選び

記事を書いていくのがベストだと思います

キーワード選定

・ツールは必須です

ツールは先ほども紹介したように

relatedkeywordを使いましょう

・収益化のキーワード

これは

relatedkeywordの

Googleサジェストに上位にくるキーワード

で上位に来れば

収益が出てくる可能性が高くなります

アクセスが多くなり

成約につながる可能性が出てきます

しっかり

ツールをしましょう

独自のセンスでキーワードを

つけるのは危険です

 

無料ではこちらのサイトがあります

ラッコキーワード

https://related-keywords.com

 

ロングテールキーワド

・収益化を目指すのであれば必須です

1ワードキーワドだけではダメです

例えば

受験

だけではダメで

受験 アプリ

受験 アプリ おススメ

受験 アプリ 無料

受験 アプリ 有料

などなど

このようなロングテールキーワドを設定し

内部リンクを貼っておくと

収益につながっていきます

タイトルのつけ方

・最初の見出しをタイトルにすることがベターです

いろんなテクニック論がありますが

シンプルに

見出しとタイトルを合わせることが

考えすぎずに簡単にできると思います

 

クリック率が増えるタイトルは

理由

方法

数字を入れる

なぜから始める

0円から始める

などなど

読者の悩みを解決するための

タイトルがあると

読者からのクリックは増えてきます

メタディスクリプション

メタディスクリプションの重要性は徐々に下がってきています

しかし

書いた方がよいと思います

書かなければ

コンピュータが本文の内容の一部を抜粋して

それが掲載されるだけです

ですので

メタディスクリプションを書くためには

・読者への問いかけ

・ブログの内容紹介

・アクションを促す

この3点をおさえて

書いていきましょう

 

ワードプレスでは

記事の投稿の下に書くスペースがあります

All in One SEO

のプラグインが必要です

 

リライト

リライトの目的をしっかりつかみましょう

リライトの目的は順位を上げるためです

雰囲気だけで

書き直そうという感覚でリライトするのは危険です

競合分析をして

三か月に1回程度リライトするとよいと思います

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SEO
ゆいぴ ブログ

コメント