初心者ブロガー必見 WEBライティング講座 SEO対策

WEBライティング

初心者ブロガー必見 WEBライティング講座 SEO対策

SEOに強く

読者満足度が高い

見出しの書き方についてご紹介します

SEO対策については次の記事をどうぞ

初心者ブロガー必見 最新SEO対策
初心者ブロガー必見 最新SEO対策 ざっくりまとめ SEO対策はこれで決まり!! 1 ドメインパワー 2 E‐A...

SEO対策で見出しが重要な理由

ユーザー向けSEO対策

重要項目

読みやすさ

読者満足度

この2つです

見出しが整理されていれば

記事内容を把握しやすい

当然と言えば当然ですが

なかなかこれができていない場合があります

記事内容が理解しやすければ

読者満足度が上がる

そして

読者満足度が上がれば

SEOの評価が高くなる

という流れになります

ですので

WEBライティングは必要になってきます

検索エンジン向けSEO対策

検索エンジンは

読者と違い

機械的にデータとして見出しを見ます

ですので

「読みやすさ」や

「理解度」は

判断していません

実は

HTMLタグで判断しているのです

見出しの書き方

見出しタグのルールを守ることが1番大切です

初心者であれば

見た目重視にしてしまいがちで

タグを飛ばして使用することがありますが

タグを順番通り使いましょう

h1のタグは

記事に1つだけという認識で間違いありません

乱用は禁止です

つまり

まずはこれ

次にこれ

次の次

次の次の次
最後

って感じで見出しタグを順番に使用していきましょう

 

見出しにはキーワードを含める

例えば

ブログの始め方を初心者向けに徹底解説

という見出しを書いたとすると

キーワードは

ブログ 始め方 初心者

となります

さらに

この見出しに

おススメブログジャンル

というものが含まれると

ブログ ジャンルというキーワードでも

上位表示される可能性があります

キーワードを見出しに

必ず入れることと

複合的なキーワードも考えながら

決めていきましょう

SEOより読者のことを考えた見出し

キーワードを見出しに着けることは良いことですが

全ての見出しにキーワードをつけてしまうのはNGです

かえって読みづらい記事になってしまいます

読者は端的にまとめてあるものを好みます

ぱっと見の見出しで

重要な部分から読み進めていきます

すべての見出しにキーワードが書いてあると

どの見出し部分が重要かが分かりません

結論や内容がわかる見出しを書く

初心者がよくやるパターンとして

見出しに

SEOとは

という見出しをつけてしまうことです

これだと

コンテンツを読み進めていかないとわからないため

見出しに結論や内容を含めてみましょう

ですので

先ほどの

SEOとは

という見出しなh

SEOとは検索エンジン最適化のこと

とするのがベストでしょう

詳細を知りたい読者は

この見出しを見た後

読み進めていく可能性が高くなります

目次だけで記事の内容が分かるようにする

プラグイン等を使えば

見出しが

そのまま

目次に使用されることがあります

ですので

見出しがそのまま目次に使用されることを

意識して

見出しをつけていきましょう

先ほどの繰り返しになりますが

〇〇とは

という見出しは厳禁です

それだけでは全く記事の内容は分かりません

見出しで読み飛ばし対策を

読者は

ブログを

一言一句細かく見ることはありません

端的に簡単に短時間で見ることが前提です

ですので

細部まで隅々見ることはなく

読み飛ばしをします

逆を言えば

読み飛ばしをしても

読者が理解できる記事を書くことが大切だということです

まとめをしっかり書いておくだけでも

読者の満足度は高くなるでしょう

問題提起と結論

この部分で大半が決まってしまいます

そういった意味でも

見出しをしっかりと書いておくことが

非常に重要です

まとめ

WEBライティングとして

初心者ブロガーは

まず見出しをしっかり考えましょう

飛ばし読みをする読者に対して

最大限の配慮として

見出しだけでも

記事の内容が分かるようにする

内容を考える前に見出しを考える

などなど

対策ができます

また

見出しタグや

見出しの階層構造

を守ることもSEO対策になります

まずは

見出しの再構築を行っていきましょう

あなたは

見出しで損しているかもしれませんね

 

WEBライティングについて

初心者ブロガー必見 WEBライティングの基礎講座
初心者ブロガー必見 WEBライティングの基礎講座 ライティングには2種類あります 1 エモーショナルライティング...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
WEBライティング
ゆいぴ ブログ

コメント